子供向け(4歳・5歳・6歳)おすすめのボードゲーム

子供 おすすめ ボードゲーム ボードゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

4歳・5歳・6歳におすすめのボードゲーム

幼稚園に入園する頃になれば、ボードゲームも一緒に楽しめる頃だと思います。

我が家で好評だった、4~6歳頃におすすめのボードゲームをご紹介します。

子供の方が強いゲームもあるので、本気で遊ぶことも多いです。

虹色のへび

同じ色をつなげていくゲームなので、小さくてもできると思います。

ドブル

ドブル日本語版
ルールも簡単! 米仏で30万個突破! 大ヒットのリアルタイム・パーティーゲーム『ドブル』

同じイラストを探すゲームです。

簡単にアレンジされた「ドブル・キッズ」もでたようです。

レシピ

商品紹介 | 遊びにダイブ! Hopper entertainment[株式会社ホッパーエンターテイメント]
私たち株式会社ホッパーエンターテイメントの商品は、それぞれが独自の視点によって考案され、ただ遊ぶだけではなく、遊びの中に私たちの《伝いたい》メッセージが自然とご両親や子どもたちに伝わるように作られています。私たちの商品がキッカケとなり、子どもたちの可能性が無限に拡がることを願っております。

これはとてもハマって、2種類買いました。

料理のレシピの勉強にもなります。

調味料や食材の名前を覚えました。

おばけキャッチ

おばけキャッチ

はじめは難しかったのですが、しばらくしてできるようになりました。

頭を使うゲームです。

ウノ

UNO | ウノ 50周年記念サイト
50人の著名人が考えた「白いワイルドカード」のオリジナルルールを、実際にプレイ中に使えるスロット<50 WILD CARDs SLOT>や、あなたのTwitterアカウントを解析して、ウノを一緒にプレイしたら最高に盛り上がるメンバーを教えてくれる<#100パー盛り上がるウノメンツ>など、50周年限定コンテンツを公開中!...

我が家で人気ランキング1位です。最近発売された「ウノ フリップ」も大好評でした。

ジェンガ

ジェンガとして楽しむのはもちろん、つみきやドミノとして活躍しています。

クラッシュアイスゲーム

ハンマーで氷を落とすのが楽しいです。

どうぶつしょうぎ

新装版どうぶつしょうぎ
「どうぶつしょうぎ」とは、3×4マスの盤と、8枚の駒で遊ぶミニ将棋です。かわいい動物の駒には、動ける方向に印がついていて、こどもにもわかりやすいルールで、将棋の基礎を楽しく学ぶことができます。シンプルながら奥が深く、こどもの集中力や思考力を養うには、最適の知育玩具です。(対象年齢4歳以上)

将棋デビューにおススメです。

子供と将棋を始めよう!おすすめの将棋や本は?
子供が将棋を始めるのにおすすめの将棋や本をご紹介します。幼稚園からでも将棋を始められます。親が将棋のルールを知らなくても、子供はしっかりルールを覚えました。

もじぴったん

ことばのカードゲーム もじぴったん
株式会社 メガハウス(MegaHouse Corporation)は、Make(作り出す)Enjoy(楽しむ)Global(世界的な)Ability(才能)の頭文字と、会社を一つの家族共同体にたとえたHouseを合体させ、様々な機能を持った集合体をあらわしたものです。またMegaには本来「巨大な」の意味があるところから...

平仮名がわかれば大丈夫です。

ことばつなぎゲームです。

おさるのジョージ 神経衰弱

おさるのジョージと神経衰弱が好きなので買ってみました。

ワードバスケット

ワードバスケット

しりとりのゲームです。

平仮名と、しりとりがわかればできます。

ワードバスケットジュニア」もあるようです。

こちらは持っていないのですが、簡単になっているようです。

オセロ

マグネット式のものが使いやすいです。

トランプ

ババ抜き、神経衰弱、銀行(お金)で遊ぶことが多いです。

ボードゲームの効果

数のゲームなら計算が早くなったり、文字のゲームなら言葉が増えたりと、頭をとても使うので、知育面でもよい効果が期待できます。→ 算数に強くなるボードゲーム

また、ボードゲームも勝負なので、勝ち負けがあります。

悔しくて泣いたり、怒ったりもありますが、これもまたよい経験になると思います。

テレビゲームも楽しいですが、家族で一緒にボードゲームをやる時間はとても楽しいです。

週末によくボードゲームをしています。

タイトルとURLをコピーしました