宝石ゴンゴンは家族で楽しめる、おすすめのボードゲーム

宝石ゴンゴン ボードゲーム ボードゲーム
スポンサーリンク

ボードゲームが大好きで、コツコツと集めています。

キラキラの宝石がきれいな「宝石ゴンゴン」という、ボードゲームが以前から欲しかったのですが、ついに購入しました。

スポンサーリンク

宝石ゴンゴン

メーカー:HABA

所要時間:15分

対象年齢:5歳以上

プレイ人数:2~4人用

宝石ゴンゴン

宝石ゴンゴンの内容物

宝石ゴンゴン
木製のハンマーがかわいい
宝石ゴンゴン 宝石
紙袋には90個の宝石!
宝石ゴンゴン マット
箱の底にシール付きプレイマットを貼り付ける

宝石ゴンゴンの遊び方

簡単に言えば、宝石を乗せた箱をハンマーで叩き、宝石を落とすゲームです。

宝石ゴンゴン

宝石を箱に全て置いてスタートです。

自分の番ですることは5つです。

ハンマータイム

宝石が少なくとも1個落ちるまで箱の側面をたたく。

宝石を数える

落ちた宝石を数える。

落ちた宝石が8個以下ならOK

9個以上なら宝石を全て箱の上に戻して自分の番は終了

仕事カードの確認

宝石ゴンゴン 仕事カード
仕事カードは5種類

仕事カードの山札から1枚取り、落とした宝石で達成できれば、透明な宝石1個として使用できる

仕事カードは、宝石の数が3個以下、宝石の数が6個以上、黒い宝石が2個以上、宝石の数が偶数個、宝石の数が奇数個の5種類。

荷車に積む

落とした宝石を荷車にのせる

荷車の空きマスと同じ色の宝石しかのせられない。

透明な宝石はどこにでもOK。

荷車の確認

透明な宝石カードを使えば、荷車を完全に埋められる場合は、ここで使用できる(使用した宝石カードは山札に戻す)。

荷車が宝石で埋まれば、宝石を全て箱の上に戻し、荷車カードを裏向きにする。

<ゲームの終了>

4枚目の荷車カードを埋めた人が勝ち

荷車カードを埋めた人がいても、そのラウンドは最後まで行う。

荷車カードを埋めた人が複数いれば、手元に残っている透明な宝石カードが多い人の勝ち

宝石ゴンゴンの感想

キレイな宝石、簡単なルール、楽しいアクションで家族で楽しむことができま

ただ、小学校低学年くらいまでの子と遊ぶ方が向いているなと感じました。

高学年の長男は、同じ宝石ゲームの宝石の煌きの方が好きとのことでした。

他にも宝石がいっぱい!というボードゲームも宝石好きな子には楽しいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました