おすすめの科学絵本 「はじめてのかがくえほん」

科学絵本 おすすめ はじめてのかがくえほん 絵本
スポンサーリンク

科学絵本が大好きなので、よく子供と読んでいます。

最近、「はじめてのかがくえほん」を見つけました。

2021年6月現在、6冊が販売されています。

文字は、少し多めです。

幼稚園児や1年生にはちょうどいい絵本でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「はじめてのかがくえほん」シリーズ

ぼくのおおきさ

大きさについて考える本。

きょうおひさまがでなかったら

太陽の大切さに気付く本。

みいちゃん、どこまで はやく はしれるの?

速さについての本。

わたしがノーベルしょうをとったわけ

好きなものを研究してみたくなる、科学入門。

お、しりませんでした

おしりのヒミツを学べる本。

同じおしりの本で、鈴木のりたけさんの「おしりをしりたい」も大好きです。

わらいのひみつ

笑いの本。

読みながら一緒に笑えます。

シリーズの中では「ぼくのおおきさ」がおすすめ

親子で特に気に入ったのが、「ぼくのおおきさ」という絵本です。

子供と大きさについて考え、盛り上がりました。

いろいろなことに気付かされます。

ぜひ読んでみて下さい。

「きょうおひさまがでなかったら」も身近な太陽の話なので、読みやすくておすすめです。

科学絵本を探すには

科学絵本の世界100

「科学絵本の世界100」は、科学絵本を探すのに役立ちました。

タイトルとURLをコピーしました