福音館「たくさんのふしぎ」は子供の疑問に答えてくれる おすすめの絵本

福音館「たくさんのふしぎ」 絵本
スポンサーリンク

福音館から出版されている、「たくさんのふしぎ」という絵本がわかりやすくて、気に入っています。

欲しいと思った時に購入しないと、売り切れてしまうことがあるので、早めの購入がおすすめです。

スポンサーリンク

「たくさんのふしぎ」定期購読

【小学3年生から】たくさんのふしぎ|月刊誌のご案内|福音館書店
自然や環境、人間の生活・歴史・文化から、数学・哲学まで。あらゆるふしぎを小学生向きにお届けする科学雑誌「たくさんのふしぎ」。第一線で活躍する研究者や専門家が、世界にあふれるふしぎを、子どもたちが自ら感じ、考え、理解していけるよう導いていきます。

定期購読もすることができます。

自主学習にも使える!「たくさんのふしぎ」

福音館 たくさんのふしぎ

最近、3冊まとめて購入したのですが、特に「光の正体」が気に入っています。

難しい内容でも、絵本なのでわかりやすいです。

「たくさんのふしぎ」を自主学習のテーマにすることもあります。

光の正体 (月刊たくさんのふしぎ2020年10月号)

空があるから (月刊たくさんのふしぎ2020年8月号)

地球の中に、潜っていくと… (月刊たくさんのふしぎ2019年12月号)

ふしぎ新聞も付いていて、こちらも読むとおもしろいです。

たくさんのふしぎ ふしぎ新聞

たくさんのふしぎ傑作集

人気があったものについては、「たくさんのふしぎ傑作集」(ハードカバー) で販売されるようです。

気に入っていて購入できなかった本があるので、傑作集で販売されるといいなと待っています。

こおり (たくさんのふしぎ傑作集)

「こおり」もお気に入りの1冊です。

こおりの実験の参考になりそうです。

たくさんのふしぎ 対象年齢は?

小学3年生からとなっています。

絵本にしては文字が多めで、内容も少し難しいものが多い気がします。

読み聞かせなら、小学校低学年でもいけるかもしれません。

たくさんのふしぎ バックナンバーはamazonやhontoで

たくさんのふしぎのバックナンバーはamazonhontoで購入できます。

私はamazonで購入しました。

たくさんのふしぎ 2022一覧

福音館書店のホームページ「たくさんのふしぎ」2022年度の年間ラインナップを見ることができます。

事前にチェックして気になる本をゲットしましょう。

私が気になっているのは、8月号の「元素」と12月号の「名前のふしぎ」です。

タイトルとURLをコピーしました