「アベベのぼうけん」はプログラミング的思考の入門にぴったりの本

プログラミング

プログラミング的思考とは

 自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力

文部科学省

「アベベのぼうけん」とは

プログラムすごろく アベベのぼうけん おどろきの上巻

プログラムすごろく アベベのぼうけん かんどうの下巻

プログラムすごろく アベベのぼうけん おどろきの上巻
『アベベのぼうけん』は、プログラムによってできている、まったく新しい形式の物語です。主人公・アベベは、ドドジ王国の王子。アベベは立派な王になるため、父の残したプログラムに挑戦する旅に出ています。プログラムを丹念に読み解き、すごろくのようなマスの上を旅するアベベを動かしていくと、そこに驚きの物語が現れます。こうして夢中に...

 小学館のサイトでためし読みができます。簡単な計算ができれば、1人で楽しむことができると思います。

Eテレの番組「テキシコー」もプログラミング的思考を学ぶことができる!

「テキシコー」とは

テキシコー [総合 小学校3・4・5・6年生、中・高] | NHK for School
魅力的な映像やアニメーションを使って、プログラミング的思考(テキシコー)の面白さを伝え、その思考を育むプログラミング教育番組です。

 放送日がよくわからず、見逃してしまう時が多いのですが、テキシコーのサイトで過去の放送を見ることができます。ピタゴラスイッチが好きな子は気に入ると思います。

まとめ

 プログラミング的思考と聞くとなんだか難しいイメージですが、絵本や映像で楽しみながら、学んでいくことができると思います。

タイトルとURLをコピーしました