ワンダーボックス 無料の資料請求でお試ししました

ワンダーボックス 資料請求 お試し 知育
スポンサーリンク

夏休みに向け、小1次男の取り組む教材を探しています。

そこで、以前から気になっていたワンダーボックスの資料請求をしてみました。

資料請求は無料!こちらからできます↓

無料の資料請求でまずはお試し【ワンダーボックス】
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワンダーボックスとは

WonderBox(ワンダーボックス)|公式サイト
感性と思考力をひきだす、新しい通信教育。幼児・小学生向け。プログラミングやアートなど、注目のSTEM / STEAM教育。タブレット(アプリ)と紙教材、知育玩具を組み合わせた新感覚の教材。100万人が使う思考力育成教材「シンクシンク」チームが開発。

ワンダーボックスの資料請求しました

資料請求の時期によって、内容は異なる可能性があります。

届いたものがこちら!

ワンダーボックス 資料請求 お試し

体験キットが2種類

案内パンフレット

体験版アプリの説明用紙(裏面は体験キットでも使用)

体験キットについてそれぞれ紹介していきます。

ペーパーラボ

息子が1番気に入ったのが、このペーパーラボです。

折り紙のようですが、折って楽しめる工夫がしてあります。

謎解き折り紙のようなイメージでしょうか?

ワンダーボックス 資料請求 ペーパーラボ

ペーパーラボのマネをして折り紙でいくつも作品を作っていました。

遊ぶだけで終わらず、自分でも作ってみたくなるキットだったようです。

ペーパーラボのマネが多かったですが、息子オリジナルの仕組みも考え、楽しい時間を過ごせました。

ハテニャンのパズルノート

ハテニャンのパズルノートは、以前やったなぞぺと似た感じです。

楽しそうに取り組んでいました。

ワンダーボックスのアプリ

ワンダーボックス 資料請求 アプリ

アプリは4種類の体験ができました。

体験は7日間だけです。

ワンダーボックス 資料請求 アプリ

「バベロンプラス」が気に入って、3回ほどステージクリアを繰り返していました。

ワンダーボックスは入会したい

アプリだけならシンクシンクでもいいかと思ったのですが、やはり、キットで実際に手を使って考えながら遊ぶ体験は貴重だなと。

きっといろいろな遊びに発展していくと思います。

計算問題や漢字などの勉強は親が用意できるけれど、このようなキットは自分では用意できないと感じました。

時間がある夏休みから始めるのは、ちょうどいい気がしています。

ワンダーボックスの資料請求はおすすめ

無料で、アプリも7日間楽しめる上、体験キットも充実しています。

体験キットに取り組めば、新しい遊びにもつながるかもしれません。

ぜひお試ししてみて下さい。

↓資料請求は無料!こちらからできます↓

無料の資料請求でワンダーを体験!【ワンダーボックス】
タイトルとURLをコピーしました